« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の投稿

2005年7月19日 (火)

クリイソストマ・アリエティナム

Cleisostoma  arietinum 

梅雨が明け、途端に猛暑がやってきました、蘭の世話も熱中症に気を付けないといけません。
学生さんはもう夏休みですね(^^)

Cleisostoma  arietinum  クレイソストマ アリエティナム(でいいのかな?)
満開になってから写真を撮ろうと思っていたら、先に咲いた花が黄色くなってきまして
あわてて撮りました〜
日本のムカデランと同じ仲間です。

131_3128

131_3129

一輪の花は6ミリほど、こんな小さい花がならんで咲く姿が可愛くて好きですね〜

131_3130

↑アップで〜、花の色は淡い〜濃い色と個体差があります。

↓別の個体です、昨年の撮影です

117_1726

 

| | コメント (7)

2005年7月18日 (月)

ショエノルキス・フラグランス

Schoenorchis  fragrans

昨年の川根オフの時、皆で行ったイデナーセリーさんでコルクに3株ずつ付けて売っていた物です。
↓昨年の写真です。 コルクの大きさは、T =17cm、W= 11cm

117_1742

今年初めの蘭展で2株買って追加でくっつけました、だだ今5株コルクに付いてます。
追加で付けたのはすでに咲いてしまいました、残りも一緒に咲かず今咲いているのは1株のみです
小さい花ながら多花性で一斉に咲くと綺麗なんですが・・・来年はそろって咲いて欲しい物です。

↓今咲いている株です(2枚)

131_3132

131_3135

名前の通り香りがありますが、小さい花なので鼻を近づけてくんくんしないと判りません
悪くない香りですが個体差があるようです。

以下昨年の写真からピックアップしました

117_1748

117_1750

117_1745

117_1746

この花はフラメアですかね?(^^)
花も色の濃さなど個体差がありますね、薄い液肥に毎日浸けてやるだけで良く育ちますよ。

この株の1年後を見てみる

| | コメント (5)

2005年7月17日 (日)

翡翠(フウラン)

Neofinetia falcata   翡翠 × self

2年前、ドームで購入したフウラン(翡翠セルフ)の初花が咲きました。
蕾の時は濃いグリーンですが、咲くとさわやかな淡グリーン色になります。

131_3119

↓蕾はグリーン色が濃いです

131_3125

初めてフウランを買ったのは、お富士さんの植木市。
ず〜と昔のことです、甘い香りに思わず手にした一株のフウラン・・・
以来ずっと今の時期に香りを楽しませてくれています。

131_3123

甘い香りと翡翠色の花、いいですよね〜。じめじめの季節にはとてもさわやかで印象的です。
もう一花茎咲いたら写真を追加します。

131_3164

写真を追加しました(8月5日)

| | コメント (2)

2005年7月12日 (火)

カトレア・インターメディア

今年も異常気象なのかな?時期の早い開花をBBSなどで目にします。
我が家のインターメディア、早いんだか遅いんだか判りませんが咲いてしまいました〜(^^;)

131_3110

131_3111

ぱんさんに分けて貰ったインターメディアです、オルラータ・アッキーニ・セルレアの3芸品
今回は綺麗に咲きました、ペタルはこのぐらいしか開きませんね〜 含み咲きですね。
もう2輪蕾が開きかけてます、後日写真を追加します。

↓今日(7月12日)撮影しました。

131_3116


131_3114

| | コメント (5)

2005年7月11日 (月)

アワチドリ初花、その2

チドリの開花シーズンもそろそろ終演、花が枯れてきた株が多くなりました。
それでも曇りの日が多いせいかいつもよりは長く楽しめました、これからは
花がらを摘み、殺菌剤を散布して暑い夏に備えます。

 初花の続きです
↓アワチドリのピンクです、桃姫系と呼んでいます。
130_3082

130_3086

↓ピンク色が白っぽく写ってしまいますので白熱球で撮ってみました、色合いはいい感じですが少し色が濃いかな。

130_3080

↓アワチドリの赤花です、この系統は遅咲きです。

130_3094

130_3095

130_3093

↑赤花は原種の花型が悪くそれが強く遺伝します、なかなか丸い花にならないですね。

つぎは夢チドリ、色々咲いて楽しめます、性質も丈夫で育てやすく初心者にはお勧め!

130_3087

130_3089

130_3090

130_3091

130_3092

初花の鉢はこのまま植え替えをせず来年咲かせますと、かなりボリュームアップしますよ。
↓一昨年フラスコ出し分です、アワチドリ

129_2981

129_2983

↓夢チドリ

129_2986


| | コメント (3)

2005年7月10日 (日)

パストラル シンフォニー

みかど印のパストラル シンフォニーが開花しました〜

L. Pastoral Symphny ‘Cello’

130_3099

プミラとシンコラナの交配ですね、ビロードのプミラピンクが綺麗なんですけど・・・
どうしても再現できません。自然光ならもう少し綺麗に撮れるのかな?

131_3102

 開花中の花を紹介します
今咲いているデンドロビューム・ラウシーです。赤とオレンジのコントラストが美しい・・・
我が家のラウシー軍団は昨年の猛暑でボロボロです(-_-)
Den. lawesii bicolor (‘R&O’בR&O’)

130_e3100

マジックランタン、先日咲いて後から咲いた花、2輪咲きでしたが同時には咲きませんね

130_3071

フウラン・猩々、サマランで買った一鉢。フウランの甘い香りは好きですね〜
他のフウランも蕾が伸びてきました、フウランが香ると夏って感じがします。

130_3075

↓自然光で撮ってみました、少しはいいかな?

131_3108

131_3109

| | コメント (4)

2005年7月 9日 (土)

アワチドリ初花

今年フラスコ出ししたアワチドリです。 今日は一点花を数枚見て下さい。
種を蒔いて3年目です、無菌培養の場合は初花でも5〜8輪程度の開花となり一人前の株になります。
白一点と紅一点花が咲く交配です。

130_3040
糸覆輪の花が目立ちますね!

130_3042

130_3043

130_3044
これはかなり良いですね〜

130_3046
ほとんど紅一点になりました。

130_3047
上の5枚とは違う系統です。
一鉢(3.5号)が1フラスコ分です、フラスコは12〜13本入りですが、一年育てて出すときには倍の数になっています、生育の条件が良いので必ず一株が2球になるのです。
フラスコは明るく涼しいところに一年置いておくだけで良く育ちます。

初花が咲き始めると毎日早起きして咲いた花を眺めるのが楽しみですよ〜


| | コメント (7)

2005年7月 8日 (金)

Rhy.セレスティス

Rhy. coelestis

リンコスティリス・セレステス、昨年買った苗が咲きました、初花です。

130_3060

130_3061

リップの青色がとても印象的です、ただ写真に撮りずらい咲き方です。
少し上から写してみました、リップの青がよく見えます。

130_3066

もう少しよってみましょう!

130_3063

さらに拡大!!

130_3062

フウランと交配すると、ルウ・スネアリーになります。

| | コメント (5)

2005年7月 7日 (木)

ミニパープル・セルレア

Lc.Mini Purple coerulea ‘Blue Smile’

お気に入りのミニパープルが咲きました、ジメジメの季節にひとときの清涼感をあたえてくれます。
セルレアの花は涼しげですね。

130_3058

130_3054

Lc. Mini Purple  coerulea  ‘Blue Smile’
ブルー・スマイル、識別のために個体名付けました、分け株お持ちの方、ラベルに記入して下さいね。
今回の開花は、ペタルが細めですが色が良く出ました。
昨年の写真も見て下さい。

115_1594

撮影日 2004.6.21  一輪咲きのためか花型がいいですね。
良かったり悪かったり、毎回花は変わります。

115_1569

撮影日 2004.6.21 横顔も素敵でしょ!!

 

| | コメント (4)

2005年7月 3日 (日)

ロックレリア

ブリゲリーのフラメア×セルフが咲きました。
購入時蕾が一輪付いていて先端が紅色に色付いていたのでフラメアになるだろうと思ったのですが残念〜甘かった(>_<)
130_3003

でも可愛いです、ブリゲリーは家ではどうも咲きにくくて・・・何株か持ってますが咲いたことがありません、暑いのは大丈夫で夏は遮光を多めにした方が良いそうです。

129_3000

こちらは良く咲くルカシアナ、気に入ってる個体ですがラベルはフォーネリーなんですよ(^^;) 普通は秋咲きのようですが、家のは今頃咲くことが多いです。

130_3049

こちらはルペストリス、沢山のつぼみを付けて永いこと咲いていました。
こちらも咲かせやすい種類ですね。
125_2530

 

| | コメント (5)

2005年7月 2日 (土)

ウチョウランの実生

ウチョウランは実生3年でぽつぽつと初花が見られます、沢山増やしたい時はご自身で実生するといいでしょう。
まず交配の仕方です。

FH020019

爪楊枝先端部を上に軽く押し当て、下に引いて下さい。
次の写真のように花粉塊がくっついて来ます。
先端の丸いのが花粉です。

FH020020

花粉を爪楊枝の先端に付け直し、花粉が取れたさらに奥の部分上部に付けてやれば受粉完了です。
本来は小さなアブ(蜂?)のお仕事です・・・
花はすぐにしおれて子房が膨らみ始めます。
秋、サヤが茶色く色付き始めたら割れる前に採取し植え替えの予定のない親株の鉢に採り蒔きします。
ラン科植物の鉢なら何でも良く発芽します、種子をまいた鉢は特に気にしなくとも翌年の花の時期に
一斉に発芽してきます。(2〜3年に渡り発芽します)

FH020011

幼苗は弱く枯れる株も多いですが、上手に育てれば20〜30株ぐらいは開花まで育つでしょう。
枯れる分よけいに種を蒔きましょう(^^)
写真は春ランの鉢に採り蒔きして3〜4年たった鉢です。

交配は同じ系統同士の組み合わせが無難でしょう。
いかがですか?難しいかな・・・とりあえず遊びでやってみませんか(^_^)

130_3005

今交配すれば来年の今頃、写真のように発芽が見られますよ。

2008年6月30日、写真を追加しました。
あれから3年が過ぎました、上の写真の鉢に発芽していた物が開花しています。

198_9863
198_9865

主にサツマチドリが咲いています。

 

| | コメント (6)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »