« ルデマニアナ・セロベルデ | トップページ | キラメキ☆レリア »

2005年9月 1日 (木)

レリア・フィデレンシス

L. fidelensis

ブラジルのレリアです、やさしいピンクの色合いが乙女チックであります(^^)
この株は昨年ロマンチック村の蘭展で入手しました、初花です。

133_3330

133_3333

133_3332

リップの形が可愛いですね!
あまり個体差の少ない花ですが、色の濃い薄いがあります。
↓は別の個体ですが、少し色が濃いです。

111_1158

 

|

« ルデマニアナ・セロベルデ | トップページ | キラメキ☆レリア »

N レリアと旧レリア」カテゴリの記事

コメント

本当に"乙女チック"という
感じがピッタリのL. fidelensis ですね。
我が家にもありますが、いつも1花茎1輪咲きという
個体ですので、記録にとどめていませんでした。
ozikoさんのところの株は、2個体とも1花茎2輪でいいですね。(本来的にはそうでなくてはいけないのかな?)ついつい株が大きくなると、(咲かないかな?)と思って株分けしてしまいます。やっぱりレリアに関しての理解不足と、愛情の加減が足りないせいでは・・・と反省しています。その意味でも、ozikoさんraitaさんのお話が良い刺激となっています。(^_^)v

投稿: かな | 2005年9月 4日 (日) 08時00分

かなさん、おはようございます。
フィデレンシスはやさしい色合いが好きなんですが個体差がほとんど無いので一株あれば十分ですね。
1花茎には3輪ぐらい咲きそうですよ、2輪咲きは株が元気なら簡単ですね。
面倒見れば応えてくれる・・・ランを育てていてそう感じます。
かなさんは小型の物はあまり育てていないようですね、私は小さい株に小さい花を付ける物が好きで、花が咲いたときはまるで宝石を眺めているような感じがするのです。

投稿: oziko | 2005年9月 4日 (日) 09時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« ルデマニアナ・セロベルデ | トップページ | キラメキ☆レリア »