« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の投稿

2005年10月31日 (月)

白花ネジバナ

Spiranthes  cernua    (スピランテス・ケルヌア)

5月頃ホームセンターで入手した白花ネジバナです、日本のネジバナの白だと
思ってましたが今頃咲いてきました、また大柄でこれは外国産のようです。
図鑑で調べましたら同じ物がありました (スピランテス・ケルヌア)だと思いま
す。 アメリカ・カナダが原産だそうです。

133_3368

133_3366

133_3367

とても丈夫そうな株です。

日本のネジバナはもっともポピュラーな蘭科植物でしょう、
広い芝生などには必ずと言って良いほど生えていますよ、
ただ花の時期でないと見つけにくい物です。

| | コメント (2)

2005年10月30日 (日)

デンドロビューム・ゴンザレシー

Den. gonzalessi

この株は新潟のお友達に頂いた株です、我が家の環境でも良く咲いてくれます。
夏はやはり涼しい方が良く育ちますね、クーラー設置は効果があったみたいで
いま沢山咲いています。

134_3496

134_3497
花は咲き始め赤紫色で徐々に赤みが抜けてブルーになります

134_3495

水を切らさないよう、時々薄い液肥をあげると良く育ちます。
たいへん花持ちが良く、長い期間涼しげな花を楽しめます。

| | コメント (4)

2005年10月29日 (土)

マキシマ ・セミアルバ ‘ミサト’×セルフ

C. maxima var. s/a ‘Misato’× self

小苗で買ったセルフの苗が咲きました、初花です。

134_3425
親と同様のかわいらしいセミアルバです。

134_3430
ペタルにも紅の線が入り華やか!

134_3435

‘Misato’はマキシマとしては小柄な株ですがこの花も小さなうちから開花しましたので大きくならないでしょうね。

| | コメント (6)

2005年10月28日 (金)

ワルケリアナ・セルレア(ハッピーフィールド×エドワード)

C. walkerian var. coerulea(‘Happy Field’בEdward’)

私が初めて手に入れたワルケがこの交配でした、初めて咲いたセルレアの花は
小さい花でしたが丸く淡いセルレア色が綺麗で感動した物です。
この交配は4株入手しました、現在3株維持しています。

135_3508
#2です、家にあるのでは一番型がいいかな(^^)

135_3511
#4、昨年ハッピーフィールドで求めた株です。今年はと〜ても貧弱に咲いてしまいましたぁ〜

↓は#4去年入手したときの花、全体の色が濃く強香を放っておりました、臭かった・・・
119_1955
この時点で根腐れしていたようです(-_-)

#3は、はずれで処分、#1は作落ちでいまだ開花せず・・・・

この交配は形の良い物が多く出ていますが、輪が小さめで色が薄めの傾向ですね。

| | コメント (3)

2005年10月27日 (木)

素心蘭(雪月花)

Cym. ensifolium

東洋蘭は詳しくないですが香りが好きで数種類育てています。
素心蘭はスルガランと同じ仲間なのだそうです。

134_3455
134_3454
134_3457

雪月花は葉に覆輪が入り木姿も美しいです、丈夫で咲かせやすいので入門用にお薦め品種かな。
この高貴な香りは洋蘭の香りとは違いますね。

| | コメント (2)

ラビアタ・ブルージャイアント×ザ・キング

C. labiata  var. coerulea (‘Blue Giant’בThe King’) No.2

初花が咲きました、とっても綺麗なピンク・・・・って
この交配はみんなピンクの花が咲くようですがどうして?
134_3485
10月23日、咲き始めです、やさしい色合いがいいですね、リップの紅がチャームポイント(^^)

135_3504
開花4日目、花弁のピンクが大分濃くなり綺麗です

135_3502
横顔!

135_3507
リップ! 午前中は華やかな香りを振りまきます。
セルレアは咲きませんでしたが、この花ならいいかな?

| | コメント (0)

2005年10月26日 (水)

Den.ラウシー・ビカラー

Den. lawesii  var. bicolor

このデンドロはクール系ほどではありませんが涼しい環境を好みます。
我が家でもクーラー無しで栽培できていましたが昨年の夏の厳しさには
さすがに作落ちしてひどい状況でした。
今年はクーラーの効果もあり、うまく夏を乗り切ってくれました。
株も徐々に復活してきました。

134_3493

134_3492

栽培は、カリカリに乾かすと弱りますので水やりは乾かないように気を付けます。
薄い液肥のみで良く育ちます、夏は涼しく、冬も15度程度は維持します。
葉焼けしやすいので60%程度は遮光してやります。
夏の対策をすれば育てやすいデンドロだと思いますよ。

| | コメント (2)

2005年10月24日 (月)

ソフロニチス・セルヌア‘カナエ’

  Soph. cernua  var. aurea  ‘Kanae’PC/JOS  (MC)

昨年初花が咲いたカナエ、今年は4芽に花が来てとても賑やかに咲きました。

134_3491
マツの板に付けて3年目、まだ花付きは少ないですが一輪の花が大きめのため賑やかです。
花が横向きで咲いてしまいました。(自然光で撮影)

134_3490
横から少しアップで・・・

134_3439
人工光で撮りました、こちらの方が綺麗に撮れてるかな?

134_3445
アップで・・・写真をクリックして下さい
コクシネアのオーレアと交配してみようかなと思います。

この苗を買ったのは4年ぐらい前だったかな?ドーム蘭展で小さな小さな苗を川根の専門家に
『ほらー』って見せたら、そんなの溶かしちゃうよ〜っていってたの思い出します。
月日が経つのは早い物ですね(^^)

 

| | コメント (4)

2005年10月20日 (木)

写真撮影の環境

撮影についてよく質問されますので記事にしておきますね(^^)

↓写真は部屋に作った簡易撮影セットです。
134_3423

昼間自然光で撮影するのが一番綺麗に撮れるのですが撮影場所と時間がありません
また、風や天候などに左右されることが多く、花をアップで写すのはなかなか難しい物です
そんな理由から私は夜に部屋で撮影することが多いのです。

☆メリット
 風の影響を受けない、明るさが安定している、バックを単純化することで画像を軽くできる
☆デメリット
 人工光のため正しい色の再現が難しい(ラベンダー系、ビロードの花弁など)
 夜は閉じてしまう花がある・・・等

私はピントの深い写真が立体感があり好きです、そのためなるべく絞り込んで写します。
室内では風で被写体が揺れることは少ないのでスローシャッターが切れます、その分絞り込みます。
ISO200、絞りF13でシャッター速度は4分の1秒位かな。
補助光としてリングストロボを使用しています
記録画質はミドル(M)のJPEGファインモード(280万画素相当)

レタッチは自動コントラスト&アンシャープマスクを主に使っています
なかなか思うような写真は撮れませんがこんな物ですかね、お遊びですから(^^)

綺麗に写すポイント
三脚を使い手ぶれを防ぐ
一眼の場合はレリーズを使う、これも手ぶれ防止(指でシャッターを切るとぶれる)
とりあえずピントを合わせる、コンパクトカメラの場合は最短撮影距離を覚えておきましょう
バックに写る余計なものは片づけましょう。


| | コメント (5)

2005年10月13日 (木)

カトレア・オーレア

C.aurea  (dowiana var. aurea)

お友達に頂いたバックバルブを育てて3年め、まだ小さめの株ですが初めて咲きました。
これはかなり個性的で面白いですね、香りが強く温室がこの花の香りで満ちてます(^^)
嫌いな香りではないですが、かなり強いです。

133_3363
133_3365
この花はリップの金筋が魅力的です。

 

| | コメント (4)

カトレア・ラビアタ

久々の更新、大分お休みしてしまいました<(_ _)>
ラビアタが咲き始めまして狭い温室は賑わっております。
長雨のため数株写真を取り損ねました。

C. labiata

133_3357
‘Rolvgo Nelson’昨年入手したバックから咲きました

133_3359
‘Raposa’בExtra’03年7月αにて皆とお揃いで求めた株です、tooruさんの所でも良いセルレアの花が咲きましたね、ほかの皆さまはいかがでしょうか?

133_3360
lilas ‘Borges’× integra‘Pompeu’HIFのサマーセールでMASUさんとお揃いで求めた株で初花です、ラブラビの大王さま、お元気かな?

133_3362
amesiana  ‘Preyran’בFlagstad’根岸さんで求めた子苗が咲きました。

ラビアタは後二株ほど初花が咲きそうです(*^_^*)

| | コメント (5)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »