« スパソグロティスの堀上げ | トップページ | 南米への熱き想い »

2006年1月26日 (木)

C.ローレンセアナ

C. lawrenceana

私が育てているローレンセアナは現在3株、すべて初花が見られそうです。
少し高温性のようですが、最低15度の我が家でも難なく育ちます。

140_4015
この株は蕾がシースより飛びだしました、もう少しで開花です。
(‘Bergold’× self) 花はチポタイプと聞いています。
101_03
購入時の写真がありました、左の株です。右の株はルデマニアナ。
03年9月、須和田さんにカナイマが来たときに入手。

140_4018
15643 C. lawrenceana×sibling
この株は、04年2月ドーム蘭展にてH&Rのブースでraitaさんとお揃いで買いました、秋から一気に大きなバルブが育ちました、どんな花でしょうね(^^)

140_4017
concolor‘Diana’× self ピンクの コンカラーが咲くと言う話しでしたが・・・
この株はオークションで落とした物ですが、売り主さんからチポが咲いたとお話がありました、残念です(×_×)咲くまではのぞみは捨てませんが・・・

|

« スパソグロティスの堀上げ | トップページ | 南米への熱き想い »

U Cattleya・specis」カテゴリの記事

コメント

C. lawrenceana、この時期に咲くのですね。やはり3株ほど持ってらっしゃるとそれぞれに期待がふくらみ良いですね。C. lawrenceanaは一説には育ちにくいというけれど、どれも元気良く流石です。我が家にも昨年買った株がありますが、残念ながら購入時のような株です。後1・2年先の待ちでしょうー。ozikoさんの花どんなのが咲くか楽しみです。

投稿: かな | 2006年1月27日 (金) 05時26分

ozikoさん、お久しぶりです~、たけです。

C. lawrenceanaって、知りませんでしたー(^_^;)こういうのもあるんですね。あたちも師匠やかなさんに続いて挑戦したくなっちゃいました。ドームで探してみようかな。購入時のあの株が2年ちょっとでバルブプックリで開花予定なんて、やっぱり師匠はすごいなぁ。

どうすればバルブプックリ君になるのでしょう。温度と日照と風だとわかるって入るのですが、うちにはバルブプックリ君がいないよぉぉぉぉーーーーー(T_T)

投稿: たけ | 2006年1月28日 (土) 18時48分

かなさん、こんばんは。
ローレンは温度を保てれば栽培が難しいとは感じませんね。
高温種扱いしなくても良く育ちますよ。
セルレアは気むずかしいと聞きます、株の個性で難易度がちがうのでしょうね。

たけさん、こんばんは。
お手持ちのランたちはお元気?、楽しみでローレンセアナも育ててみますか〜
ぷっくりバルブは適期に肥培することかな?
肥培は薄い液肥をマメにあげると良いですよ。
マメにですよ〜!

投稿: oziko | 2006年1月28日 (土) 20時15分

ozikoさん こんばんはー
ローレン うちにも2鉢程・・・3鉢あったのですが、1鉢は 御亡くなりに・・・・ 残り2鉢はsibで、1鉢は今期、咲きそうです←ってか、バックバルブお買い上げで BSサイズでしたけど・・・(^^ゞ
もう1鉢は 鞘は付けましたが、空のようです。来年 期待しませう です。
咲いたら(3月かな?)禁断に貼りますねーー

投稿: ランビー | 2006年1月29日 (日) 22時13分

ランビーさん、こんばんは〜
お〜、楽しみですね!
きゅんとそった可愛いリップが好みです。
そちらでの開花も楽しみです〜

投稿: oziko | 2006年1月31日 (火) 00時57分

この記事へのコメントは終了しました。

« スパソグロティスの堀上げ | トップページ | 南米への熱き想い »