« Neost. Pinky '紅雫' | トップページ | L. ルンディー・ルブラ »

2006年1月12日 (木)

Dockrillia nugentii

Dockrillia  nugentii  (Den. linguiforme var. nugentii)

種名はベランダオーキッドナーセリーさんのブログを見まして、参考にさせて頂きました。
繊細な花がちらちら揺れて写真撮りづらいです(^^;)
139_3914
139_3913
139_3915

花には匂いがありますが、良い香りではないですね。

|

« Neost. Pinky '紅雫' | トップページ | L. ルンディー・ルブラ »

T Dendrobium」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~ッ!わぁ~、たっくさん咲きそろっていらっしゃいますね~!すごい花数ですねー!・・我家でもツボミが膨らみつつあります^m^。楽しみデス~!
・・ラベル、やはりリンギフォルメと書いてありましたか~。名前を教えてくださった野村さんのおかげで、とってもスッキリしました。なんでもリンギフォルメと書いてありそうですね^^;

↓の紅雫、左上の画像に登場した時から、とっても気になっていました~!
にぎやかですね~!・・101匹ワンちゃんみたいです^O^ノ!・・見ていて、思わずニンマリしてしまいます*

投稿: sawa | 2006年1月13日 (金) 12時57分

師匠 こんばんは ↑は、リンギフォルメではないんですか?
「舌」って言う意味のデンドロだと思ってましたが…
うちには同じオーストラリアの「ワッセーリー」「スペキオサム」が居ますが
バルブばかり増えてなかなか花が付かない。(^^;)
日本と気候が逆なので夏に水を切って、冬の低温で
ジャバジャバ水を遣ると聞きましたが、なかなか実行できません。
↑のような花を付けるには? コツをお教えくださいm( _ _ )m 

投稿: Mamik。(=^ェ^=) | 2006年1月14日 (土) 00時29分

sawaさん、Mamiさん、こんにちは。

デンドロビューム属の分類って難しいですね。
日本で一般的には、Den. linguiforme var. nugentii と表記されています。

Dockrillia nugentii は、シノニムですね。
ドックリリアはデンドロビュームから分かれて単独の種として扱われることもあるそうですが、デンドロビューム属として扱われる事もあるそうです。
こちらの呼び方はまだあまり使われていないようです。

Mamiさん、リンギフォルメは葉がもう少し長くて、
花弁も細長いですね。

栽培ですが、特に気にせず育ててますが良く日に当てて、
コルク付けで乾きやすい状態で育てています。
我が家の温室では、今の時期に根がでて新芽も育ってます。

スペシオサムも良く日に当てて乾かすことが必要みたいですね、以前育ててましたが極端に花付きが悪くて株ばかり大きくなってました。

投稿: oziko | 2006年1月14日 (土) 15時45分

この記事へのコメントは終了しました。

« Neost. Pinky '紅雫' | トップページ | L. ルンディー・ルブラ »