« C. ルデマニアナ | トップページ | Soph.コクシネア・オーレア系 #2 »

2006年2月21日 (火)

C. トリアネイ・ロルフアルテンバーグ

C. trianaei  ‘Rolf Altenburg’SM/JOGA

トリアネイの銘花、ロルフアルテンバーグのメリクロンです。
小さな苗を買ってから何年経ったのか・・・初花が咲きました。
142_4216
142_4214
142_4218
株はまだ小さめです、来年以降が楽しみですね。
FH000027
こんなに小さかったのよ〜(^^)

|

« C. ルデマニアナ | トップページ | Soph.コクシネア・オーレア系 #2 »

U Cattleya・specis」カテゴリの記事

コメント

おっ、銘花登場ですね。こんなに小さい株が・・・。
何せ、1バルブ云万円と値段を付ける方もいらっしゃる程ですから、勿論(^_^;)私はまだこの株持っていません。
ozikoさんの力を持ってしても、何年経ったか?という株ですが、、こんなに小さな株がちゃんと成株になって、しかも2輪開花、本当におめでとうございます!来季にはもう何花茎・何輪もつけられることでしょうね。楽しみです!

投稿: かな | 2006年2月22日 (水) 00時15分

ozikoさん、この小さな苗が何年で大人になったのでしょう??
私も小さな苗が有りますが(GC苗もそうです)花が咲くまで何年かかるのか気になるところです。
赤ちゃん苗を育てあげられたら嬉しいだろうなぁ~。

投稿: ランシン | 2006年2月22日 (水) 19時45分

きゃお~~~~ん!きれいですね~~(T_T)
手乗り株コレクターの私には、手乗り株もこんな風に咲くんだということが確認できて、すごく勇気付けられました!!

よーっし、がんばるぞーって気分です!

投稿: たけ | 2006年2月22日 (水) 20時10分

ozikoさん、綺麗ですねぇっ!!
べっぴんさんが咲いてます。初花でこれですか?うわぁぁぁあ。3年でこうなります?
すごいことです。素晴らしいですー。
今日消毒剤撒いたんですが、去年の小さい苗が大きくなってるのに気づきました。
いつかこんな風になるのかなぁ。なったらいいなぁ。

投稿: hide | 2006年2月22日 (水) 21時20分

ozikoさん、こんばんは。

上品で優しく包んでくれそうな良い花ですね。
このチビちゃんを3年弱でここまでになるんですか(@_@) 流石というか凄すぎますよ。

ozikoさんが預かっていてくださった。C.trianae Extra Momo×Mary Fennell HCC/AOS 太い芽が動き出していてくれます。 ozikoさんのパワーの凄さを感じます。

投稿: TOTORO-K | 2006年2月22日 (水) 21時46分

師匠こんばんは。さすが師匠、さすが銘花ですね。
こうしましょう。師匠に保育園をつくってもらうのです。
チビ苗保育園、いかがですか?
どんなチビ苗も、oziko園長の教育的指導で、3年で開花(^_-)-☆。

投稿: M | 2006年2月22日 (水) 21時55分

皆さん、こんばんは。

かなさん、有り難うございます。
MCが出て、OG株も入手しやすくなりましたね。
大きな花が咲いたので株が出来たら楽しみです。

ランシンさん、入手したのは02年7月だったかな?写真は次の年に新芽が伸び出したところだと思います。
品種にもよりますが温室があれば3年ぐらいでしょうか。

たけさん、はい〜ちゃんと咲きますよ〜。
頑張って下さいませ。

hideさん、消毒ご苦労様です。
小苗も沢山あると育てる時間は気になりませんね〜、そのうち咲くさ〜ってね!

TOTORO-Kさん、ロルフは、ほわっとした雰囲気にあこがれていましたが手の出る値段ではありませんでした。MCが出て入手しましたが小さな苗でも結構なお値段でした。
日が高くなって、蘭たちも春を感じていますね。

めろんさん、ちび苗保育園ですか・・・(^^)
私、小さい苗を育てるの好きですよ、育てるのも趣味の内ですし、楽しみだと思います。
薄い液肥を頻繁に与えるのが早く育てるコツでしょうね。

投稿: oziko | 2006年2月22日 (水) 23時23分

わ~美しい~♪すばらしいお花ですね。

私も小さい株を幾つか育てています。
本当に大きくなるのか、花が咲くのか、疑問に思うことも度々でした。
とっても勇気をもらいました。
コツは、薄い液肥を頻繁に与える・・ですね。

投稿: setsu | 2006年2月23日 (木) 00時02分

setsuさん、おはようございます。

大丈夫!、setsuさんは株を可愛がっているから、蘭もちゃんと応えてくれますよ。

投稿: oziko | 2006年2月23日 (木) 09時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« C. ルデマニアナ | トップページ | Soph.コクシネア・オーレア系 #2 »