« アワチドリ、5月17日 | トップページ | エノモトチドリ »

2006年5月18日 (木)

エビネの植え替え

エビネの育て方を極める - 最先端のエビネ栽培法

 

↑ 蘭裕園 ホームページ ↑

エビネは秋に植え替えをするのが良いようです。

来年の新芽が出るスペースが無くなった鉢は、花の後で植え替えをします。
私がやっている方法ですが良くできますので参考にして下さい。

まず用土ですが、醱酵バーク(ネオソフロン)Mサイズと日向砂中粒を1:1で混ぜ合わせます。これだけです(^^;)
149_4978
149_4979
混ぜ合わせました、バークはトゲが刺さりますので園芸用の手袋かスコップを使って下さい。
少量の燻炭かチャコール(ヤシがら活性炭)を足すとさらに良いです。
149_4980
株分け、整理した株を植えましょう、この用土は必ずプラ鉢を使います。
鉢底のゴロは不要です、バックバルブ側を鉢に付け新芽の育つスペースを広くあけておきます。エビネの新芽はバルブの下から出てきます、普通に植えると新芽は年々深く潜ってしまいます、これは斜面の下から上に育っていくエビネの性質に因る物と思います。写真のように傾けて植えるのは新バルブを地表にもってくるためです。
149_4981
出来上がり、マグアンプの大粒を5〜6粒表土近くに植えておきます。
傾いた葉は、自然にまっすぐになります。
エビネはバイラスに弱いのでハサミは使わず手で株分けすると良いです。
ハサミを使う場合は、一株ごとにハサミの刃を焼いて殺菌します。
6〜7月頃が花芽分化の時期です、この頃なるべく明るい環境で育てますと花付きが良くなります。(葉焼けしない程度に)週一回程度液肥もあげて肥培につとめましょう。

エビネの栽培管理(蘭裕園HP)

|

« アワチドリ、5月17日 | トップページ | エノモトチドリ »

J 日本の蘭」カテゴリの記事

コメント

参考になります.今年買った鉢は,まだ植え替えないでよさそうなので,そのままにすることにしました.用土の色は.見た目,ozikoさんのブレンドのものに似ています.お店で買ったときに,栽培講習のようなものもやっていたようなのですが(聞きもせずに,花を探していました),そのときの発酵バークの単語は聞こえてきたように思います.

家では,やはり風が最大の問題のようです.なので,エビネを何鉢も育てるのは難しいかなと思っています.

投稿: uchiyama | 2006年5月19日 (金) 00時31分

uchiyamaさん、こんばんは。

家も屋上での栽培で強い風で葉が痛みます。
見た目は悪いですが、花付きにはあまり関係ないようです。
風よけのネットを張ってあげると良いです。
明るいためか花付きは良いですよ。
栽培も意外に簡単です、来年開花したら、また増やしたくなるかも(^^;)

投稿: oziko | 2006年5月19日 (金) 20時40分

植え替えマニュアル、ありがとうございます。
我が家でも、いくつかエビネを植えてありますが、私もほとんどはプラ鉢でです。株を横にしたまま植えるという技ははじめて知りました。確かに、直ぐにまっすぐになると思いますが不思議でした。では、では。

投稿: かな | 2006年5月20日 (土) 10時55分

かなさん、こんにちは。
斜めにしないと新しいバルブが深植になってしまいますからね、
エビネ専門の方はそうしていると思います。

投稿: oziko | 2006年5月21日 (日) 10時49分

このような良い照会を もっと早く発見できたらよかったのになぁ。庭植えのものをダメにしてしまいました。
今度は鉢植えにします。
これを先生に 大事にしたいとおもいます。

投稿: 更田 博昭 | 2009年4月22日 (水) 14時10分

更田様、始めまして。

コメント有り難うございます。
エビネに適した場所であれば、庭植でも良く育つと思います。
少しの数であれば鉢植えの方が管理が楽になりますね。
紹介した方法は思ったより乾きが早いので、乾きすぎる場合は、日向砂の粒を少し小さめにしても良いと思います。

投稿: oziko | 2009年4月22日 (水) 14時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« アワチドリ、5月17日 | トップページ | エノモトチドリ »