« L.パープラータ・アルバ | トップページ | アワチドリ、6月14日 »

2006年6月14日 (水)

L.パープラータ・カーネア

L. purpurta var.  carnea

この花色も独特で、とても人気のあるカラーですね。
151_5179

151_5180
151_5181

今年は少し小さい花になってしまいました〜
最近の交配は、カーネア色が濃くなりますね(^^)
カーネアは、肉色の意味。

|

« L.パープラータ・アルバ | トップページ | アワチドリ、6月14日 »

N レリアと旧レリア」カテゴリの記事

コメント

ozikoさん、こんにちは。

カーネア、肉色と聞くと聞こえがあまりよくないけれど、ピンクと紅の中間色でとても綺麗です。一番下のお写真、瑞々しいリップの色に濃いスジスジがとっても綺麗。優しい感じのカーネアですね。

↑のウチョウランとイワナンテンの寄せ植え、爽やかで素敵ですね。イワナンテン、可愛らしいお花ですが、やはり木みたいにおおきくなってしまうのでしょうか?ちょっとカランコエのエンゼルランプ系のお花みたいです。

投稿: a-chan | 2006年6月17日 (土) 09時51分

a-chan、こんにちは〜

カーネア、私は梅ぼしガムの色だと思っています(^^;)甘ずっぱい色ですよね。
咲き始めは凄く濃い色で綺麗なんですよ。

イワナンテンは、家では手のひらぐらいにしかなりませんが、上手な方は4〜50センチくらいに育てますね、上には伸びず下垂するタイプです、渓流の岩場に生えています。
肥培しなければ小さな鉢でも楽しめますよ。
そうね、カランコエの雰囲気かも(^^)

投稿: oziko | 2006年6月18日 (日) 09時47分

この記事へのコメントは終了しました。

« L.パープラータ・アルバ | トップページ | アワチドリ、6月14日 »