« L.パープラータ・フラメア | トップページ | Asctm. アンプラシューム »

2006年6月10日 (土)

クレイソストマ・アリエティナム

Cleisostoma  arietinum

成長はゆっくりな感じですが、特に構わなくても毎年花を咲かせてくれます。
151_5158

151_5156
151_5157
151_5160
一輪はとても小さな花ですが、長い花茎に並んで咲く姿はなかなか良い物ですよ。

昨年の記事です

|

« L.パープラータ・フラメア | トップページ | Asctm. アンプラシューム »

H 洋蘭・単茎種」カテゴリの記事

コメント

ozikoさん、おはようございます。

↓のパープラタ、色が濃いフラメアで血脈のようなスジスジもあって、インパクトが強いです。ハッ振り返らずにはいられないような、そんなおはなですね。

クレイソストマ、花茎がなが~~~い?!鉢の高さよりも長く枝垂れていますね。こんなに長いのはじめて見ました。確実に作上がりしていますね。

↑作上がりといえば、アンプラシュームのアルバも、確実に昨年より沢山のお花を付けていて、ozikoさんは栽培がとても上手だなぁって、感心しちゃいます。株と上手に会話できるみたい。私もそんな風になりたいなぁ。我が家のアンプラシュームアルバ、葉っぱを2枚残しウンともスンとも言わない状態ですが、肥料を取って日陰の屋外に出しました。少しは気分がよくなってくれているといいのですが・・・?

投稿: a-chan | 2006年6月12日 (月) 08時43分

あ~、この穴の開いた鉢、私と一緒です。
でも、一緒じゃ無いことがあります。
それは、家のは花が咲かないとゆうことです。
なんでかな?ozikoさんのはこんなに長いお花が沢山着いてるのに、家に来て花を1度も見ていないのです(>_<)

投稿: ランシン | 2006年6月12日 (月) 22時46分

a-chan、ランシンさん、こんばんは。

この株、2年前にご一緒したときの物です。
ランシンさんのも同じとこのなんですね〜

乾いたら頭から薄い液肥の水をかけているだけなんだけどね、成長は凄く遅いですね〜、でも毎年咲いてますよ。

パープのフラメアは、派手で目を引きますね。
人気のある種類で、個体ごとに雰囲気も違って楽しみです。

アンプラシュームは、葉が増えると花茎も多くなるので年々賑やかになりますね。

投稿: oziko | 2006年6月13日 (火) 01時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« L.パープラータ・フラメア | トップページ | Asctm. アンプラシューム »