« Den.sp.・ミルキーウェイ | トップページ | 名護蘭 »

2006年7月26日 (水)

L.シンコラナ・セルレア#4

L. sincorana var. coerulea #4

4月に咲いたばかりですが、次の芽にも咲きました。
温室に入れてあるのですが、涼しいせいか色が濃くて綺麗です。

158_5811
今までで、一番濃く咲きました(^o^)

 

158_5809
158_5807
今の時期にもシンコラナが咲くようになりましたが、クーラーで涼しいせいなのかな?

|

« Den.sp.・ミルキーウェイ | トップページ | 名護蘭 »

N レリアと旧レリア」カテゴリの記事

コメント

濃い色合いのシンコラーナですね。
形もすっきりとしてて、こんなに濃い色がリップに載るなんて、気温もあるのでしょうが、流石にシンコラーナ(でも)のozikoさん。私も、今ではすっかりシンコラーナの虜になった1人です。素敵な個体拝見できて嬉しいです。ありがとうございました!!

投稿: かな | 2006年7月26日 (水) 01時29分

ozikoさん、こんばんは。
シンコセルレア綺麗に咲いてますね。
先日、αさんに行った時原さんに色々聞いたんだけどやっぱり家では難しいです。
αさんには、良いのが沢山居るのに手がでません~。ニコニコ(*^_^*)

投稿: tooru | 2006年7月26日 (水) 21時39分

青物! こんなに色が濃いシンコのセルは見たことないです。
4月に咲いて、3ヶ月目で次の開花なんて、どんな栽培を
してるんですか? 
すっきりとした形のいい花で、色も濃く、2輪も咲くなんて
さすが師匠と言うしかないですね。

投稿: Mami。(=^ェ^=) | 2006年7月27日 (木) 00時33分

かなさん、こんばんは。

リップの紫は、その時の条件でかなり変わりますね、バルブは大きくなりましたが、花の形は変わりませんね。

tooruさん、こんばんは。

良いのありますね、シンコ、お高いのはなかなか手が出ませんよ〜、 concolorも良いですよね。
シンコは遮光を薄くしないと花付きが悪くなりますね、家では50%のクロの寒冷紗を使っています。

Mamiさん、こんばんは。

αさんの選抜品は皆このぐらいの濃さになりますよ。涼しいと色が濃く咲くようです。
元気な株なら2回続けて咲くのは珍しくは無いと思います。

投稿: oziko | 2006年7月27日 (木) 01時35分

とっても濃いいい色ですね!何度見ても、すばらしいです!涼やかですね~。こんなステキな花が咲いたら、お祝いの乾杯しちゃうナ^m^* 株も青々として、元気いっぱいですね。後ろに もうひとつツボミが見えます、ウフッ♪・・ozikoさんとこのランで、カレンダー作ったら、ステキだろうな~と思う今日この頃です*

投稿: sawa | 2006年7月27日 (木) 18時12分

sawaさん、こんばんは。

乾杯ですか、d(^-^)ネ!
カレンダーも良いですね、家にはプリンターがないからなあ(^^;)

投稿: oziko | 2006年7月28日 (金) 01時11分

ozikoさん、こんばんは。

とっても色の濃いステキなシンコちゃんですね^o^。tooruさんと同じくウチも難しいのですが、頑張ります。とか言いつつ、αさんで買った大事な子、お花も見ずに枯らしてしまいましたToT。でもきっと懲りずにまた買います^o^。

投稿: a-chan | 2006年7月28日 (金) 22時37分

a-chan、こんばんは。

あれれ、枯れちゃいましたか(^^;)
根が濡れっぱなしだと根腐れしやすいかな、でも水は好きなんですよね。家ではやったことがないですがコルクなどに付けると管理しやすいかな。
花が付きにくいのは日照不足でしょうね。

投稿: oziko | 2006年7月30日 (日) 01時03分

はじめましてpaper
あまりにキレイだったのでコメントさせていただいております。僕もシンコラナのセルレアをいくつか育てていますが、こんなにリップに濃い色が乗る個体はありません、クーラーも無いし。
薄紫の花弁に濃いリップがとっても映えますね〜。上手に咲かせておられるし、写真もキレイだし、羨ましい限りです。

投稿: 俊介 | 2009年6月18日 (木) 16時54分

俊介様、コメント有り難うございます。
一番上の写真はちょっと濃く表現しすぎですね、撮影がアンダー気味でレタッチしたせいだと思います。
実際は咲き始めで、2枚目の写真ぐらいの濃さです。
セルレア色は、咲くとき涼しいと色が濃くなるようですね。

投稿: oziko | 2009年6月18日 (木) 17時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« Den.sp.・ミルキーウェイ | トップページ | 名護蘭 »