« Den.ラウシー・ビカラー | トップページ | C. クラシック#2 »

2006年9月13日 (水)

Paph.ノリトハセガワ

Paph. Norito Hasegawa

お茶どころにお住まいで、皆から専門家と呼ばれ慕われている・・・お仲間に頂いた株です。初めて遊びに行った時にドルゴルディーとこの株をおみやげに頂いたのですが、花を見るのに4年近くかかったのかな?
160_6064

160_6066_2
160_6065
咲き始めグリーンでのちに黄色くなります。
花茎が伸び始めてから咲くまでがとてもながかったです、暑い時期に花芽が伸びるので去年、一昨年と途中でシケてしまい、今年ようやく花を見る事が出来ました。
ドルゴルディーも花茎が伸び始めました〜

|

« Den.ラウシー・ビカラー | トップページ | C. クラシック#2 »

I 開花報告」カテゴリの記事

S Paphiopedilum」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
↓もう ソフロが咲いてる(@_@) うちのは 生きているので精一杯?かな(^_^;)
棚印パフィは 曲者が多い??うちの棚印も 蕾が上がっているけど・・・・・無事、開くかな??不安が・・・・^^;

投稿: ランビー | 2006年9月14日 (木) 21時52分

おやおや、咲いてますね~。
我が家のノリトさん、今年はご機嫌斜めなようです。
さすが両国マジシャンだねぇー。。

でさ、ドルゴルディーだけど、
今年咲いた花を見ると、どうもラベル違いなのね。。
どーも、ハロルド・クーポヴィッツみたい。
Harold Koopowitz(rothschildianum × malipoense)
ごめんね。

投稿: シラタキ | 2006年9月15日 (金) 00時20分

ランビーさん、こんばんは。

冷やしたので早いのかは判りませんが、育てやすくなるのは確かですね、株の勢いが全然違いますから。 パフィオはもう涼しいから大丈夫でしょうね。

投稿: oziko | 2006年9月15日 (金) 00時26分

師匠は、なんでも咲かせてしまうんですね。
親の血をひいて、ノリトも花茎が長い(@_@;)

ドルゴルディーって、例の開花画像の花?
どう見てもハロルド・クーポヴィッツでした。
専門家殿のマジックで、ハロルド・クーポヴィッツに変身!

投稿: Mami。(=^ェ^=) | 2006年9月15日 (金) 00時28分

シラタキさん、今晩は〜。
いつも暑い時期にかかってシケてしまってやっとです。。
ドルゴちゃんはハロルド君なんですね、まあ私にはどちらでも良いわけです(^^)
みかどさんちでも咲いてましたね〜。楽しみです。

Mamiさん、今晩は〜

家ではバービ系は良く咲くのですが、他の物は難しいですね、ブラキ系なんて全然育ちませんが、環境が合わないのかな?

投稿: oziko | 2006年9月15日 (金) 00時44分

ozikoさん、こんばんは。
私の、‘Norito Hasegawa’は私が福島県塙町に単身赴任している時、1週間のうちに軟腐病にやられました。
一面真っ黒でした。
当の N,H の他、SMやBMをJOGAで貰った株も一斉に羅病してしまい、それ以来 Paph. の育成には、Stop をかけてしまいました。
蘭栽培は、やはり手塩をかけて やらなければならないんですね。

惜しい事をしました。

投稿: らん古 | 2006年9月19日 (火) 23時32分

らん古さん、こんにちは。

軟腐病ですか、良い株を残念なことをしましたね、細菌性の病気は進行が早いので怖いです、目が届かないと手当も遅れてしまいますね。

たまにカトレアのバルブがやられることがありますが、運が悪いとしか思えません。
予防法は清潔にすること位でしょうか?


投稿: oziko | 2006年9月21日 (木) 12時04分

この記事へのコメントは終了しました。

« Den.ラウシー・ビカラー | トップページ | C. クラシック#2 »