« C.ラビアタ・スアーブ×sib | トップページ | Lc. ファイナルブルー‘ロイヤルパープル’ »

2006年10月27日 (金)

Paph. ハロルド・クーポヴィッツ

Paph. Harold Koopowitz(rothschildianum × malipoense)

やっと咲きました、花茎が伸び始めてから咲くまでが、なんと長いこと(^^;)
ドルゴルディーと思って育てていましたが、専門家様のおっしゃる通りでしたね。
162_6272

162_6273
162_6274
162_6275
もう少し綺麗なグリーンなんだけど・・・
袋の内側に綺麗な模様が入っていますが、人間が見る分には外側に模様があった方が良いですよね〜

|

« C.ラビアタ・スアーブ×sib | トップページ | Lc. ファイナルブルー‘ロイヤルパープル’ »

I 開花報告」カテゴリの記事

S Paphiopedilum」カテゴリの記事

コメント

ozikoさん 昨日は手に持ちきれないほどの鉢をいただきありがとうございましたm(._.)m
レリア類は私のためにわざわざ用意して下さってあったんですね。
ミニアタムも籠付になっていて・・私の部屋の中のワーディアンやブラブラコーナーに納まりました。
ラビアタは大好きな花なので明るくて暖かいキッチンに飾ってあります。
上手に冬越しできるよう頑張ります!!

地味でお洒落なパフィオですね~
首も長いけれど花が咲くまでにこちらの首が長くなるほど
お待ちしますね^-^

投稿: tokko | 2006年10月29日 (日) 16時38分

tokkoさん、こんばんは〜

遠くからお疲れ様でした、株うまく収まりましたか〜(^^)
あのラビアタは、セルレアの片親が小柄な株なのでもう少し大きくなる程度収まると思います、リップの紅が可愛いですよね。
ラビアタは花の後、春までおやすみしますので管理は楽です、春に鉢増しすると元気に育つと思います。
パフィオですが、地味な所にも魅力を感じますと将来はまる可能性があるかも・・・(^^)
種類にもよりますが、成長がのんびりで花芽が出るまで何年もかかりますし、花芽が見えてからも長いですね、気長に育てないと花を見られないです。

投稿: oziko | 2006年10月29日 (日) 21時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« C.ラビアタ・スアーブ×sib | トップページ | Lc. ファイナルブルー‘ロイヤルパープル’ »