« Den. ファルコネリー | トップページ | アワチドリsib »

2007年6月 4日 (月)

クロカミラン

Ponerorchis graminifolia var. kurokamiana

ウチョウランの変種クロカミランは、九州の黒髪山を中心としたごくわずかな地域に自生しています。小さめの花に濃い斑文が賑やかに入る物が多く、可憐で華やかな種類です。
175_7529

175_7528
175_7531
175_7532
175_7535 175_7536
175_7537
175_7538

腰高に2枚の細めの葉を付けます、青軸の個体も多いですがほとんど白花ではなく並色の花が咲きます。

私の所では暑がるようでなかなか増えませんね、好きな花なんですけど・・・

|

« Den. ファルコネリー | トップページ | アワチドリsib »

E 日本の蘭・チドリ類」カテゴリの記事

コメント

フックラと丸い花形が、着物の袖を喜んで広げて見せているお稚児さんみたいで、愛らしいですね~*クロカミランですか~・・奥が深い世界ですねえ~!それにしても美しい色です。紫水晶のようですね。
左上の白い花画像が気になるのですが、もしかして、クロカミランのアルバ?!うわ~ん、美しい~*早く大きな画像も見たいデスッ!

投稿: sawa | 2007年6月 4日 (月) 21時38分

sawaさん、おはようございます。
愛らしいとか、可憐という言葉がぴったりのウチョウランですね。
丸い花型や、濃く派手な斑紋もこの種類の特徴です。
小窓の写真はアワチドリです、まん丸でしょ(^^)

投稿: oziko | 2007年6月 5日 (火) 07時54分

この記事へのコメントは終了しました。

« Den. ファルコネリー | トップページ | アワチドリsib »