« L.プミラ・アルベッセンス | トップページ | L. マクロバルボーサ #2 »

2007年9月27日 (木)

Asctm.アンプラシューム‘ローフ’

Asctm. ampullaceum  album ‘Loph’

アンプラシュームのローフが咲きました、今の時期の咲くのは季節はずれですが・・
初夏の頃に咲くのが普通です。
182_8237

182_8239
 182_8243_2
182_8242

前回の記事

|

« L.プミラ・アルベッセンス | トップページ | L. マクロバルボーサ #2 »

H 洋蘭・単茎種」カテゴリの記事

コメント

花付きがすばらしくよいですね.家のはまだ小さいこともあるでしょうが,数輪咲くのがやっとです.こんなふうに咲かせられるようになりたいものです.

投稿: uchiyama | 2007年9月27日 (木) 20時33分

uchiyamaさん、こんばんは。
ありがとうございます、この種類には日本の夏は暑すぎるようですね、涼しくなった途端に太い根が沢山伸びてきました。今回は花茎が素直に伸びてくれました、綺麗に咲かせるのが難しい種類ですね。

投稿: oziko | 2007年9月28日 (金) 00時16分

見事な花つきで素敵ですね~
家のもいつかこんなふうに咲くようになってくれるとイイナと思います。
この花も毎日お水にじゃぼんですか?

投稿: tokko | 2007年9月28日 (金) 09時56分

tokkoさん、こんばんは。
コルク付けとか、バスケット植えの株は10リットルのバケツに、1.5CCのトップドレッシングを入れて、1日1〜2回じゃぼんですね。家は温室なので1年中同じです。
基本的には乾いている時間が長いです。

投稿: oziko | 2007年9月29日 (土) 00時13分

美しいです~!!
このクリスタル・ホワイト、本当に美しい~!
この妖精のような花に、書き込みしようと思っていていたのに、次のプミラにも心を奪われてました^^ヾ ozikoさんのランたちは みんな、本当に「超」美しく咲きますよね~。心が通っているんでしょうね~。こうして見せていただけて、本当にうれしいです!

投稿: sawa | 2007年9月29日 (土) 14時26分

いつもいつもきれいに咲かせていらっしゃいますね。
さすがです。恐れ入りました。
コルク付けってバケツに液剤を入れジャポンですか?
そういう方法もあったのですね。私はスプレイでした。霧状の方が隅々まで付くかなって思っていたのです。
その方が良いですね。
明日100円ショップで四角のポリ容器を購入してきます。早速実行します。
またステキな花を見せてくださいね。

投稿: カトレア | 2007年9月30日 (日) 21時21分

花数の多さに圧倒されます。

花数が多いと、先端の方がシケたり、先端が咲くのを待たずに下の花が痛んだりしますが、本当に綺麗に咲かせておられますね。

投稿: kyoko | 2007年9月30日 (日) 22時15分

真っ白で清楚な感じがするアスコセントラムですね。

自分もつい最近、アスコセントラム、アンプラシュームを購入しました。色は濃いピンクか朱色だと思いますが、いま、花芽が伸びている最中です。

アンプラシュームをネットで検索したら、ozikoさんのブログにも当たりました。

投稿: kurofune | 2007年10月 2日 (火) 14時34分

sawaさん、こんばんは。
白い花は写真が難しくてね、でも丁寧に撮らないと美しさを再現してあげられないので頑張って写しています。綺麗に撮れないとブログも更新できませんね〜

カトレアさん、こんばんは。
スプレーでも良いのだけど、肥料分がガラスなどに着くと苔だらけになりますね、面倒ですがバケツ方式でやっています、でもウイルス株などには気を付けて下さいね。
PS:何度かメールを送りましたが届かないようです。

kyokoさん、こんばんは。
そうですね、アンプラシュームは蕾があちこちしけたり花茎が伸びなかったりで綺麗に咲かないことが多いです。涼しくなって伸びたため綺麗に咲いたのかも(^^)

kurofuneさん、こんばんは。
アンプラシュームは意外に気難しい方かもしれませんね。
乾きすぎと濡れすぎに気を付けると良いです。

投稿: oziko | 2007年10月 3日 (水) 01時21分

メールは合っているようですが・・・
お手数ですがもう一度お願いできますでしょうか?

よろしくお願い致します。

投稿: カトレア | 2007年10月 5日 (金) 15時34分

カトレアさん、こんばんは。
リンク致しました、どうぞよろしく!!

投稿: oziko | 2007年10月 5日 (金) 22時10分

この記事へのコメントは終了しました。

« L.プミラ・アルベッセンス | トップページ | L. マクロバルボーサ #2 »