« L. アイアマニアナ | トップページ | Sc.コーネリア・アルバ »

2007年10月23日 (火)

C. クラシック・セミアルバ

C. Classic   f.  semi-alba #1 & # 2
(violacea  s/a ‘Icabaru’× walkeriana  s/a‘Tokyo No.1’)

クラシックが咲きました、この交配は苗を5鉢育てましたが、残したのは2鉢だけです。#1は、ワルケリアナに近いリップの感じで好感が持てます。ワルケより花が大きく迫力のある花で、強く香ります、ワルケと比べると良い香りだと思います。

183_8362

183_8359
183_8365
183_8366
183_8368
183_8370

株が大きく生育も旺盛なため、すぐに鉢からはみ出してしまいます。
面倒なので大きなコルクに着生させています。

続いて#2です。
182_8265
182_8263

#1より大きな花ですが、バランスは今ひとつ・・・

ミニカトレアのつもりで買った苗でしたがこんなに大きくなりました〜

|

« L. アイアマニアナ | トップページ | Sc.コーネリア・アルバ »

V Cattleya・Hybrid」カテゴリの記事

コメント

随分大きくなりましたね。鉢植えだったら大変なことになりますね。
それに写真の撮り方が上手ですね。
色が凄くきれいです。
香りがここまで届きそうです。

投稿: カトレア | 2007年10月23日 (火) 22時18分

カトレアさん、こんばんは。
このコルク大きいですよ、比較対象がないからぴんとこないと思います、片手で持てない大きさです。
デジタルカメラは色を出すのが難しいですね、未だに試行錯誤しています。

投稿: oziko | 2007年10月23日 (火) 22時45分

私もそう思います。デジカメって色が出ないのです。
私のブログでこの前の日曜日 公園の記事がありましたでしょう。
空が真っ青で一色だったはずなのに山のふもとの方は白く写っているのです。
何回とってもダメでした。
白・黄色も難しいですね。
黄色のオンシが咲いているのですが今一なので載せていません。うまく出ません。
難しいです。年々良い物が出てきても買い替えが出来ませんから。これで我慢です。私は2台目です。最初は2000年に購入。69,800でした。メモリーカードが15,000円ぐらいしたような・・・通常のカメラより一回り小さいだけでした。
今は薄く小さくなりましたね。

投稿: カトレア | 2007年10月24日 (水) 21時12分

カトレアさん、こんばんは。
若い頃は風景写真も撮っていましたが、最近は花だけですね〜。青空を撮るならPLフィルターを使うと良いですが、お使いのカメラに使えるかな?
デジタルでフィルムと一番違うのは色温度を合わせる必要があるって事でしょうか、白い物が白く写らないのは色温度が合っていないのだと思います。(ネガの場合はプリント時に補正してくれます)
カメラもPCもどんどん良くなりますね、性能が良くなって価格も下がって・・・買った物もすぐに古くなってしまいます。

投稿: oziko | 2007年10月24日 (水) 21時49分

こんにちは^^
ステキですね!
交配親を見てビックリしました@@:)/
vioのイカバルにs/aのワルケって知識の浅い私には「できるんだ。。」
なんて思ってしまいました。

花はワルケっぽい中にイカバルの色味がリップ付近にうかがえるような。
しかも、大きく育っているご様子1度拝見してみたく思いました!
さすが、ozikoさんの温室はミラクルワールドです^^

デジカメ、私は紫がかった濃いピンクや淡い藤色が肉眼と違い過ぎ。
また、ソフロニチスのような朱オレンジや赤がベタになってしまうのが悩みです。
いつも素敵な花をありがとうございます!

そうそう、遅くなりましたが日記でも紹介させて頂きましたが、
頂いたラビアタ(スワーブxsib #3)は本当に綺麗に咲いて嬉しく思っております。
交配親はどういったものなのか教えてください。

投稿: ひな | 2007年10月27日 (土) 14時01分

ひなさん、こんばんは。
どちらもカトレアですからもちろん交配できますよ、違う属とでも交配できる物が有るぐらいです。

赤、ラベンダー、ピンクなど、色が濃いほど潰れてしまい、質感が再現できませんね、今のCCDでは限界がありますね。

ラビアタですが、スワーブはやさしい色合いのことで薄いピンク色の花だと思います、スワーブ同士の交配ですが花はチポが咲きました。普通のチポよりはライトなピンクだと思います。スワーブという言葉は最近はあまり使われなくなりました。

投稿: oziko | 2007年10月27日 (土) 19時01分

お邪魔したとき、見せていただいたコルクが大きいので驚きましたが
これだけ花が咲くと見事ですね。
‘Icabaru’と‘Tokyo No.1’という、最高峰の交配も
師匠の技術があってこそ、これだけの花が開花すると思います。

投稿: Mami。(=^ェ^=) | 2007年10月28日 (日) 23時58分

Mamiさん、こんにちは。
大きな花なので、数輪でも見事ですね。
株が大きくなれば年に2〜3回は開花する交配です。
Ikabaruのスプラッシュが入る事を期待した苗でしたが、ほんの少し入るだけでした。

投稿: oziko | 2007年10月30日 (火) 12時21分

ozikoさん このブログにお会いして この花をみてあまりのすばらしさに買ちゃいました。
我が家はどんな花が咲くのでしょうか?
今からドキドキです。来年の今頃咲かせたいです。

投稿: カトレア | 2007年12月14日 (金) 21時07分

カトレアさん、こんばんは。
あら、はまっちゃいましたか〜
このブログは感染力の強いものが沢山ありますからお気を付け下さいね(^^;)
同じ交配を入手ですか?クラシックも色々ありますね、
良かったら株を見せて下さいね〜

投稿: oziko | 2007年12月14日 (金) 23時36分

この記事へのコメントは終了しました。

« L. アイアマニアナ | トップページ | Sc.コーネリア・アルバ »