« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の投稿

2008年6月30日 (月)

Soph. ロバータ・コンカラー

Soph.  lobata   f.  concolor ‘Jeni’

コンカラー‘ジェニイ’この花も頂き物です。有名花ですね、あちこちで開花写真を見かけます。花が白っぽいと写真の露出を合わせるのが難しいですね〜
197_9729

続きを読む "Soph. ロバータ・コンカラー"

| | コメント (0)

Soph. ロバータ・セルレア

Soph.  lobata  f.  coerulea ‘Paulo Hoppe’

頂き物のロバータセルレア、あっという間に大株になりました。
昨年は一花茎しか咲きませんでしたが、今年はすごいことになりました〜
写真用の大きいバックからはみ出しましたので、端を少しカットしました。
197_9741

続きを読む "Soph. ロバータ・セルレア"

| | コメント (2)

2008年6月29日 (日)

S. パープラータ・フラメア #3

S.  purpurta f.  flamea

(‘Vi-Wyeth’בVi-Blue Dolphin’)#3

一つ前の投稿と同じ交配で兄弟株です、#3としていますが、友人に分けて頂いた株です。この花は、地色の白い部分が多くてフラメアのコントラストが良いです。
198_9848

続きを読む "S. パープラータ・フラメア #3"

| | コメント (4)

S. パープラータ・フラメア #2

S.  purpurta  f.  flamea

(‘Vi-Wyeth’בVi-Blue Dolphin’)#2

ペタルに紅色が大きく入る物をフラメアと呼びますが、炎という意味だそうです。
この個体はフラメアの色が濃く綺麗な花です、地色も色が付いているのでコントラストが無く、惜しいですね〜 地色が白いと抜群のコントラストだったろうに・・・
197_9773

続きを読む "S. パープラータ・フラメア #2"

| | コメント (0)

2008年6月28日 (土)

S. パープラータ・カーネア

S. purpurta  f.  carnea

カーネアとは肉色という意味ですが、リップの濃いサーモンピンクの色彩が華やかで、パープラータの花色の中でも特に人気のある種類です。
198_9843

続きを読む "S. パープラータ・カーネア"

| | コメント (2)

S. パープラータ・シャステリアナ

S.  purpurta‘ Schusteriana ’

とても大きな花を咲かせるパープラータです、紫色のリップの迫力はなかなかのものです。
195_9503

続きを読む "S. パープラータ・シャステリアナ"

| | コメント (0)

ヒナチドリ

Ponerorchis chidori

大きな一枚葉と斑点が可愛らしい野生蘭で、冷涼な山地の大木に生えた苔の中に生育します。産地は四国、本州、北海道、涼しいのがお好みのようです。
195_9537

続きを読む "ヒナチドリ"

| | コメント (2)

2008年6月27日 (金)

Den. ユニカム

Den.  unicum

ユニカム2種、色違いですが同じ産地の物です。
ここの産地の物はかなり大きくなりますね、最初ラベルはSPとしていましたが、ユニカムと同じということです。
193_9373

続きを読む "Den. ユニカム"

| | コメント (0)

2008年6月26日 (木)

Soph. ギラニー

Soph. ghillanyi #2

春から夏にかけて咲くギラニーです。
ペタルにちょこんとスプラッシュが入り、可愛い個体です。
195_9582_2


続きを読む "Soph. ギラニー"

| | コメント (0)

Soph. シンコラナ・その2

Soph. sincorana

シンコラナ、その2です。一度に咲いてくれると良いのですが think
左の株は前回アップした株で、あとから咲いてきた物です。
白いショボ咲きの株は、ホセロドリゲスとTokyoのself初花です。
194_9423

続きを読む "Soph. シンコラナ・その2"

| | コメント (2)

2008年6月22日 (日)

Soph. ブリゲリー

Soph. briegeri

ブリゲリーのフラメア × self の株です、残念ながら普通の花が咲いた株です。
大きなしっかりとした花を咲かせます、また、この交配は咲かせやすいですね〜
194_9470

続きを読む "Soph. ブリゲリー"

| | コメント (2)

S. パープラータ・ワークハウゼリ

S. purpurta  f.  werkhauseri ‘Wild Zebra’

灰紫色と言う渋い色調のリップですが、これが涼しげで人気があります。
‘Wild Zebra’はペタルにリップと同じ色のスジ模様が入ります。
家ではなかなか綺麗に咲いてくれませんね〜、今回も団子になってしまいました。
花同士がくっ付いて咲く状態を団子といいますね coldsweats01
195_9584

続きを読む "S. パープラータ・ワークハウゼリ"

| | コメント (6)

2008年6月21日 (土)

アワチドリサツマ

Ponerorchis graminifolia var. micropunctata × suzukiana
(アワチドリサツマ)

通称アワサツマですが、アワチドリサツマと言う交配名が有ります。 
さて、下の花ですが、小さい株に7〜8輪小さな花が咲いております、
皆さんならお買いになりますか?
196_9649

この状態ではつまらない並花かもしれませんね、でも大きく育てて数株の株立ちになるとこうなります↓

続きを読む "アワチドリサツマ"

| | コメント (4)

ササユリ (笹百合)

Lilium  japonicum

 茎葉が笹に似ているところから、ササユリと呼ばれています。
自生地は九州から北は新潟辺りまでと広く、数多い日本の百合の中でも代表格となっています。
淡い桃色の花は優しい感じで、咲き姿も女性的なやわらかい雰囲気ですね。
196_a9693

続きを読む "ササユリ (笹百合)"

| | コメント (4)

2008年6月20日 (金)

アワチドリの生産現場

 アワチドリなどチドリの仲間の開花が最盛期に入りました、我が家の花々もほぼ満開になりました。
今日は、先週末にお邪魔した蘭裕園さんの農場を紹介します。
まずは広大な敷地に何本もの大きなビニールハウスがあり、規模の大きさに驚きました。
195_9554

続きを読む "アワチドリの生産現場"

| | コメント (2)

2008年6月19日 (木)

S. パープラータ・ルブラ

S.  purpurta  f. rubura‘Queen’

株分けで小株になったクイーンです、この花のリップはとても綺麗です。
194_9499

続きを読む "S. パープラータ・ルブラ"

| | コメント (2)

S. パープラータ・ストリアータ

S. purpurta  f. striat‘Draci’

ドラシーは、ストリアータ(スジ模様)の有名花ですね、この花ほど綺麗なスジ模様のはいる花は他にはあまり無いと思います。
195_9586

続きを読む "S. パープラータ・ストリアータ"

| | コメント (4)

2008年6月18日 (水)

S. パープラータ・セミアルバ

S. purpurta f.  semi-alba

‘Schusteriana’בCindarosa’#1

シンダローサより受け継いだ濃い紅色のリップが美しいですね、セミアルバのリップ先端の白い部分が少しだけ残ります、セミアルバはこの白い部分がどうしても残るんですよね〜
195_9587

続きを読む "S. パープラータ・セミアルバ"

| | コメント (0)

S. パープラータ・ルッセリアナ

S. purpurta  f.  russeliana‘De Padre Vitaus’

何時も一番先に咲くルッセリアナです、うす桃色の花弁に少し濃いめのピンク色のリップ、花色の変化が多いパープラータですが、このような優しい色合いは少ないと思います。
193_9383

続きを読む "S. パープラータ・ルッセリアナ"

| | コメント (4)

2008年6月15日 (日)

クロカミラン

Ponerorchis graminifolia var. kurokamiana

ウチョウランの仲間の中でも早咲きで、毎年最初に咲き始めます。
都会で育てるには少し性質が弱くて、夏はクーラーで涼しくした温室に入れてやっと株の維持が出来ています。
194_9422

続きを読む "クロカミラン"

| | コメント (0)

2008年6月14日 (土)

S. パープラータ・アソ‘コーレー’

S.  purpurta f.  aco ‘Kohler’

 初夏の花、パープラータが一斉に咲き始めました。
‘Kohler’はリップの色がひときは濃く美しい花です。
194_c9480

続きを読む "S. パープラータ・アソ‘コーレー’"

| | コメント (10)

サワラン(アサヒラン)

Eleorchis  japonica

先日のヒメサユリと一緒に求めたサワランです、アサヒランとも言います。
本州中部以北の日当たりの良い湿原に自生する野生蘭で、冷涼な気候で生育するため、平地では栽培が難しい種です。
194_9456

続きを読む "サワラン(アサヒラン)"

| | コメント (4)

2008年6月12日 (木)

黄花小白及 (きばなしょうはっきゅう)

Bletilla ochracea

 黄花白及はシランよりも大きくなり花も沢山咲きますが、黄花小白及といわれている物はシランより小柄で、一般にはこちらのタイプのほうが出回っているように思います。自生地域により大きさの個体差がありますが、細かくは分類されていないようです。原産は中国、300〜1500メートル。

193_9317

続きを読む "黄花小白及 (きばなしょうはっきゅう)"

| | コメント (2)

2008年6月11日 (水)

C. マキシマ・セミアルバ

C. maxima  f.   semi-alba( Misato × self )

このブログの人気記事ランキングで常に上位に入っている花です。
私もお気に入りの一鉢になりました、マキシマの咲き姿はいいですね〜

194_9447

続きを読む "C. マキシマ・セミアルバ"

| | コメント (2)

2008年6月10日 (火)

ファイウス・プルケラス

Phaius  pulchellus  var. pulchellus

マダガスカル産の小型ファイウスです、日本の物と比べ高さは2分の1以下の大きさです。少しくすんだ赤茶色の花弁は濃いめで、小型でも存在感のある花を咲かせました。
193_9390_2

続きを読む "ファイウス・プルケラス"

| | コメント (2)

2008年6月 9日 (月)

ヒメサユリ(オトメユリ)

Lilium  rubellum

信州の富士見町で行われたアツモリ草展見学の際、会場近くの山野草店でおみやげに求めました。
ヒメサユリはオトメユリとも言われています、自生地付近ではヒメサユリ、
そのほかではオトメユリと呼ばれているようです。

194_9409

続きを読む "ヒメサユリ(オトメユリ)"

| | コメント (4)

2008年6月 8日 (日)

Soph. ルカシアナ (ロンギペス)

Soph. lucasiana  (longipes)

ロックレリアの中では、とりわけ可愛らしい色彩の花を咲かせますが、分類上はロンギペスと同じ種類だそうです。ルカシアナとして分けても良いぐらい違うと思うのですがね〜
193_9366

続きを読む "Soph. ルカシアナ (ロンギペス)"

| | コメント (3)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »