« C. マキシマ・セミアルバ | トップページ | サワラン(アサヒラン) »

2008年6月12日 (木)

黄花小白及 (きばなしょうはっきゅう)

Bletilla ochracea

 黄花白及はシランよりも大きくなり花も沢山咲きますが、黄花小白及といわれている物はシランより小柄で、一般にはこちらのタイプのほうが出回っているように思います。自生地域により大きさの個体差がありますが、細かくは分類されていないようです。原産は中国、300〜1500メートル。

193_9317

193_9312
193_9316
193_l9312

シランで花が黄色いのは新鮮ですね〜

|

« C. マキシマ・セミアルバ | トップページ | サワラン(アサヒラン) »

Q その他の洋蘭」カテゴリの記事

コメント

もう咲いているんですね~
シランってピンクのイメージが強く黄色は本当に新鮮ですね。
昨年、近くの植物園の社長に一本立ちをいただいたのが
今年は2芽出てきています。
花が見られるのはまだずっと先のようですが楽しみにしています。

投稿: tokko | 2008年6月12日 (木) 20時27分

tokkoさん、こんばんは。

少し前に撮った写真なので、ぼちぼち花も終わりかなと言うところです。。
小白及は花茎が出てくるのが遅いですね〜、シランが終わる頃にやっと咲き始めます。
丈夫で増殖もいいですよ。

投稿: oziko | 2008年6月12日 (木) 23時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« C. マキシマ・セミアルバ | トップページ | サワラン(アサヒラン) »