« ヒナチドリ | トップページ | Den. ラエビフォリューム »

2009年6月14日 (日)

ヒナラン

Amitostigma gracile  (ヒナラン)

本州中部〜九州の山岳に自生しています、平地で栽培すると暑がり株を維持するのは難しいです。よく似たものでやや大型の韓国産のヒナランが流通していますが、そちらは栽培がしやすいようです。
217_1717

217_1718215_1527
蕾の状態

217_1715

花は桃色の無点です、とても小さな花で虫眼鏡がないとよく見えないかも・・・
写真をクリックして拡大してみて下さい。

イワチドリやコアニチドリなどは、この花の仲間でヒナラン属になります。

|

« ヒナチドリ | トップページ | Den. ラエビフォリューム »

E 日本の蘭・チドリ類」カテゴリの記事

J 日本の蘭」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。