« サツマチドリ Ponerorchis graminifolia var. micropunctata 薩摩千鳥 | トップページ | S. ロバータ »

2009年7月19日 (日)

アワチドリの花がら摘みと夏越し

 関東地方では早々と梅雨が明けて、毎日暑い日が続いています。
涼しいと花持ちの良い千鳥の仲間も、暑さがやって来ますと一気にへばります。
写真は夢千鳥ですが、十分楽しみましたので花がらを手で摘み取ってあげます。
221_2187

こんな感じです、さっぱりしました。。
221_2188
夏越し中に病気が出ないよう殺菌剤をしっかり散布しましょう。
新球がだいぶ大きくなって用土が盛り上がっています、球の成長も暑い間はお休みで、秋以降に再び成長&増球しますので、上手に夏越しをして下さい。

夏の管理
風通しの良い日陰で、なるべく涼しいところに置きます。
高温になる場所では、扇風機などを使うと良いです。
水やりは用土が乾いてから、夕方にあげます。
(昼間暑い時間に用土の水分が多いと蒸れてしまいます)
液肥は、涼しくなるまでお休みしましょう。
(涼しい地域では薄めの液肥をあげても大丈夫です)

来年綺麗に咲かせるためには、これからの管理が大切です。
しっかりと面倒を見て上げて下さいね wink

|

« サツマチドリ Ponerorchis graminifolia var. micropunctata 薩摩千鳥 | トップページ | S. ロバータ »

D アワチドリ日誌」カテゴリの記事

コメント

手で摘み取るのは,上の方の小さな葉を残すためでしょうか.
この位になっていれば,全部摘み取ってしまっていいのですね.家のももっと摘み取らないと.

投稿: uchiyama | 2009年7月20日 (月) 23時42分

uchiyamaさん、おはようございます。

手で摘み取るのはバイラスなどの蔓延を防ぐためです。
洋蘭と同じですね、ハサミの消毒は面倒ですから・・・
写真の状態では遅いぐらいですね、早くやるほど株の負担が減り新球作りに力を使えます。
見た目が悪くなってきたら早めに摘んでしまうのが良いのです。

もちろん、摘み取らないでそのままでも来年はちゃんと咲いてくれますが、増球や新球の大きさに差が出てくると思います。

投稿: oziko | 2009年7月21日 (火) 07時52分

うわわ、たいへんです!
タネがついているような気がします。
さっそく、とりのぞきます!!
秋に地下で太るんですね~。それまでゆっくり眠らせるようにがんばります^^

投稿: sawa | 2009年7月21日 (火) 10時31分

sawaさん、こんばんは〜

虫が飛んでくる所では沢山結実しますね、更に株の負担になるのと交雑して親も判らないので取ってしまうのが良いと思います。
虫任せの自然実生も楽しみで育ててみるのも良いかもしれませんよ。
新球は水を沢山あげていた人は、すでに元の球と同じ大きさか、それ以上の大きさに育っています。

投稿: oziko | 2009年7月21日 (火) 19時24分

この記事へのコメントは終了しました。

« サツマチドリ Ponerorchis graminifolia var. micropunctata 薩摩千鳥 | トップページ | S. ロバータ »