« アワチドリ 2010 | トップページ | サツマチドリ 原種 銘品他、その1 »

2010年7月24日 (土)

アワチドリ・夢チドリ 花後の管理、夏越し、病害虫

252_5218 写真は7月20日の状態、品種はアワチドリの遅咲き系です。梅雨が明けて本格的に暑くなりますと、この仲間の開花もそろそろ終わりに近づきます、暑い夏を元気に乗り切りるために、痛み始めた花は花茎ごと早めに摘んであげましょう。

252_5221 252_5222手で花を摘み取りました、さっぱりしたでしょう happy01
花を摘むのには以下の目的があります。
 株の負担を減らす。
 虫による無用な結実を防ぐ。
 花がらに付く灰色カビ病の予防
花茎の切り口から病気が入る事がありますので、消毒をしておけば完璧ですね。

夏の間の管理は、直射日光は避けて、風邪通しの良い所で管理します。
水は乾いたら夕方にあげます、肥料分は涼しくなるまでお休みしますが、夜間気温が下がる地域では薄めの液肥をあげても大丈夫です。葉が痛まず夏越しが出来たら来年は株も花も見応えのある物になるでしょう。

害虫についてはあまり発生しませんが、アリマキ、葉裏に付くハダニの類、ナメクジ、ヨトウムシなどの類が付くことがあります、見つけ次第防除して下さい。
252_5216これは、ヨトウムシによる食害、虫が小さい内はなかなか気が付きませんが、突然この様な形で気が付きます、夜間12時過ぎに出てきた虫を捕殺、また、良く効く専用の薬剤がありますのですぐに対応して下さい。

ウチョウランの仲間を上手に育てるには、これからの管理が大切です。


|

« アワチドリ 2010 | トップページ | サツマチドリ 原種 銘品他、その1 »

D アワチドリ日誌」カテゴリの記事

E 日本の蘭・チドリ類」カテゴリの記事

コメント

まだ満開で観賞できますが,摘んだほうがよいのですね.明日,早速摘み取ります.花茎ごとでよかったのですか.一花ずつ摘んでいました.

投稿: uchiyama | 2010年7月24日 (土) 20時45分

uchiyamaさん、こんばんは。
もちろん一花ずつ摘んでも構いません、手間なので花茎ごとぷちっと取ります。一輪ずつ枯れた花から取る人もいますね、数が少なければそれで良いと思います。

投稿: oziko | 2010年7月24日 (土) 21時11分

今年も楽しませて頂きました。有難うございます。
我が家も花を全て摘み取って来年に備えてます。秋涼しくなったら肥培を始めようと思います。

一つ教えて頂けると有り難いんですが。
花を選別したい時、開花時期に植え替えても大丈夫でしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: TOTORO-K | 2010年7月25日 (日) 17時05分

TOTORO-Kさん、こんばんは。
ごくろうさまです、梅雨明け後は猛暑が続いていますね、我が家も今日で全部摘み取って楽にしてあげました。

選抜のための植え替えですが、一般的な植え方(用土を使う)ですと花が咲き始めた頃までは植え替えが可能です。
根が伸び新球も出来はじめている頃です、慎重に丁寧に行います。
水苔植えの場合は根が絡み合って無理でしょうね、目印を付けておいて、秋に株が黄色くなり始めた頃にミズゴケをほぐして選抜します、そのまま完全に枯れるまでは仮に植えておきます。株が枯れて球根とはずれる前にやらないと選抜したい株が判らなくなりますよ。

確実なのは、植え付け時に小さい鉢に1球ずつ植える方法でしょうか・・・場所がないと難しいですよね。

投稿: oziko | 2010年7月25日 (日) 18時52分

ozikoさん、こんばんは。
やはり難しいですね。
砂植え以前したことがあるんですが。上手くいかなくて・・・
混植でも綺麗なのでそのまま楽しむことにします。

それにしても暑いままですよね。我が家のベランダの最高気温は、昨日より1℃低いですが37℃でした。
夕立が欲しいのですが。こちらは降りそうにありません。

投稿: TOTORO-K | 2010年7月25日 (日) 21時08分

輪ゴムなどで印を付けておいて秋にほぐすのは、それほど難しくないですよ、球は出来ていて後は枯れるだけですからね、全部ほぐさないで目的の株だけ取ったら、後のは元の鉢に戻します。まあ頑張って下さい。
同一個体で株立ちにすると統一感もあり綺麗な一鉢になりますよ。

投稿: oziko | 2010年7月25日 (日) 22時07分

この記事へのコメントは終了しました。

« アワチドリ 2010 | トップページ | サツマチドリ 原種 銘品他、その1 »