« サツマチドリ その2 | トップページ | Den. ラエビフォリューム »

2010年12月 1日 (水)

L. ルベッセンス・アルバ

L. rubescens f. alba

湿布の香りの花が咲いています coldsweats01 株立ちになって花付きも良くなりました、花茎を支えてあげないと重くて垂れてしまいます。
メキシコ産のレリア属です。
20101130_1052

20101130_1055
20101130_1054

     ↓11月24日、咲き始め

20101124_108120101124_108220101124_1083

前回の投稿


|

« サツマチドリ その2 | トップページ | Den. ラエビフォリューム »

N レリアと旧レリア」カテゴリの記事

コメント

ルベッセンスって、こんなにいっぱい咲くものなんですか~!
・・いやいや、ozikoさんのところだからですね(゚ー゚)
1茎1茎がブーケみたいです♪
湿布の香りとは・・あはは、笑いました*

投稿: sawa | 2010年12月 2日 (木) 10時42分

sawaさん、こんにちは。
そうですね、一花茎に沢山咲きます。
花命が短めなので満開になる前に、最初の花は終わってしまいます。
湿布の香り・・・スパイシーとでも表現しましょうかね。

投稿: oziko | 2010年12月 2日 (木) 11時36分

オーッ素晴らしいです!
私もやりたいと早速、山と渓谷社の資料見たら、「草丈40cmにも達する」とありましたので、観賞させていただくだけにします。

快くお迎えいただいてありがとうございます。宮島の近くでラン栽培を楽しむ愛好家です。
細々とブログなども続けておりますので、よろしければお立ち寄りください。

温室を持たない趣味家ですので、「低温に強く、草丈が小さく、出来れば香りの良い」娘たちを探しています。


http://blogs.yahoo.co.jp/taronoran

投稿: taro | 2010年12月 2日 (木) 17時13分

taroさん、こんばんは。
草丈と言うより花茎長でしょうね。
株は平べったく横に広がる感じで小柄です。
温室無しだとやはり冬の管理が大変でしょうね。

投稿: oziko | 2010年12月 2日 (木) 20時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« サツマチドリ その2 | トップページ | Den. ラエビフォリューム »