« カランセ(エビネ) | トップページ | C. マキシマ・ナトラル »

2011年5月22日 (日)

シラン・ブルー

Bletilla  striata

 日本の野生蘭の中ではもっとも丈夫で育てやすい花ですね、最近は公園の植え込みなどでもよく見かけます。地植えでも鉢植えでも栽培は容易です。
自生は暖地性で千葉県以西の低地、川沿いなどでよく見かけるそうです。
写真の花は、ブルー花と言われるタイプ、ブルーじゃなくて紫ですよね。
20110515_1857

20110515_1859
20110510_1763 20110510_1764

|

« カランセ(エビネ) | トップページ | C. マキシマ・ナトラル »

J 日本の蘭」カテゴリの記事

コメント

下の2枚の画像だと青く見えるけれど紫ですよね~
他のシランと違って厳しい寒さには弱いようですが
我が家に住み着いて数年経ち、ひ弱ですが地植えで花が見られるようになりました。
地植えもできる綺麗な色の蘭は嬉しいですね。

投稿: tokko | 2011年5月23日 (月) 11時56分

tokkoさん、こんにちは。
色温度の関係で、曇りや日陰では青っぽく写りますね、やはり太陽光が当たっている画像が一番綺麗ですね。上の画像の方が実物に近い色が出ています。地植えの場合は、こちらだと繁殖して凄い株立ちになります、丈夫だけど寒いのは苦手なんでしょうね。

投稿: oziko | 2011年5月23日 (月) 12時33分

我が家では庭植えで毎年咲きますが、この写真ほど青くなりません。
白に近い感じで、、、、

陽射しが強すぎるからかなと思ったりしますがどんなんでしょう。
こちらの写真みたいに美しいセルレアを見たいのですが。

投稿: taro | 2011年5月23日 (月) 20時47分

taroさん、こんばんは。
ブルーのシランには何系統かあって、白っぽい色合いの紫式部が有名ですが、taroさんのはそれではないでしょうか。
栽培では大きく色が変わることはないでしょうね。

投稿: oziko | 2011年5月23日 (月) 21時20分

この記事へのコメントは終了しました。

« カランセ(エビネ) | トップページ | C. マキシマ・ナトラル »