« 八重咲き彼岸花とピンクの彼岸花 | トップページ | ハベナリアの仲間、rhodocheila、erichmichelii、 medusa、など »

2012年10月24日 (水)

国営ひたち海浜公園のコキア

 彼岸花に続きバスツアー第2弾、今回は国営ひたち海浜公園のコキアを見に行きました、10月6日さわやかな青空の下・・・と言うわけにはいきませんでしたが、コキアの紅葉がちょうど見頃で、丘一面が紅色に染まってとても綺麗でした。
1014_7437_2

1014_74381014_7440 1014_7441 1014_7442 1014_7445 1014_7446 1014_7447 1014_7449 1014_7451 コスモスも満開、パンパスグラスも雄大に銀色の穂をなびかせていました。
コキアは、ほうき草とも言われ、枯れた物を束ねてほうきを作るんだそうです、実はトンブリと言って食用になります。


|

« 八重咲き彼岸花とピンクの彼岸花 | トップページ | ハベナリアの仲間、rhodocheila、erichmichelii、 medusa、など »

K 山野草・草花」カテゴリの記事

P デジカメ散歩」カテゴリの記事

コメント

お早うございます
 コキア見事な色彩ですね。
(陸のマリモ)と呼ばれてますか?。
朝晩の寒暖差が大きくなってますから
 色付きも良いですね

教えてください
 春に購入したえびねに新芽が上がってます
 通常3月初め頃だと思いますが......
 花は望めないと思いますが、
 これからの冬の管理どうすれば良いか?
 教えていただければ幸いです。
 二鉢とも新芽が親株毎に2本出てます。

投稿: 岩 | 2012年10月25日 (木) 08時33分

岩さん、こんにちは。
コキアは生育の最後に綺麗に紅葉しますね、陸のマリモは初耳でしたが、丸くモコモコと育つ様は可愛らしい物です。
エビネですが、今の時期は冬至芽が出て来る時期ですね、丸く太っていれば花が入っていると思います、細いと花は咲かないかも知れませんね。
新芽はそのまま冬を越し春に開花します。
秋の植え替えもまだ間に合うと思います。
エビネと安房千鳥については蘭裕園の山本氏がとても詳しく解説しておりますので是非お読みになって下さい。
http://ranyuen.com/index.html

投稿: oziko | 2012年10月25日 (木) 17時21分

こんにちは、早速の説明有難うございます
 蘭裕園の栽培説明読んでみました、
季節毎に病虫害も含めて詳しい説明でした。

 果たして時化ずに来春花が見られますかね?
我家、無加温室が有りませんので、
凍らない場所に置いて管理してみます。

投稿: 岩 | 2012年10月27日 (土) 13時36分

岩さん、おはようございます。
私の所だとそのまま外で問題有りませんが、簡単な保護で冬越し出来ると思います、冬はじっくり休眠させるのも大事ですね。

投稿: oziko | 2012年10月28日 (日) 08時55分

見てきましたか?
すごかったでしょう。
もうそろそろ終わりになってきていることでしょうね。
夏の頃もまた良い物ですよ。
グリーン1色で丸い状態でとてもきれいです。
今のように倒れていません。
コスモスも満開ですね。

投稿: カトレア | 2012年10月31日 (水) 13時31分

カトレアさん、こんばんは。
バスツアーでの見学でしたのでゆっくり鑑賞する時間がありませんでしたが
タイミング的には一番良いときにみられたようです、今度はゆっくりと、また行きたいですね。

投稿: oziko | 2012年11月17日 (土) 21時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« 八重咲き彼岸花とピンクの彼岸花 | トップページ | ハベナリアの仲間、rhodocheila、erichmichelii、 medusa、など »