« C. × cristinae | トップページ | あわちどり・夢チドリのフラスコ出し »

2013年2月 4日 (月)

大輪トキ草 'ティファニー' の植え替え

formosana f. coerulea 'Tiffany'

 先週末に大輪トキ草のティファニーを植え替えました、1月14日の大雪の際に屋内に取り込んで一週間そのままにして置いたら芽が動き始めていました。
0117_7682 真ん中に2球、芽を外側に向けて植え付け、新バルブが育った状態です。この仲間は一つのバルブに2つの新芽が出ます、他に葉が着いていた所にムカゴが発生します、倍々以上の増殖率ですね。

20130202_7841用土の準備、日向砂小粒ベースです、ピート、ベラボンチャコール、小さめにカットしたミズゴケなど。 排水良く、かつ水持ちも考慮します。

20130202_7842 鉢を開けて根をほぐします、根はすでに枯れていますが、植え付けの再に株の支えになりますので少し残してカットします。

20130202_7843 植え付けました、3.5号硬質プラポット使用。新芽が開花後葉が出て、葉の付け根部分が新バルブに育ちます、芽の側を広く開けておきます。
20130202_7845 上から見るとこんな感じ delicious イノセンスは1月に入手しました。

栽培のポイントは、葉が病気にならないよう殺菌消毒をして大事にする事、バルブが太りだしたら液肥をあげて肥培する(薄めで回数を多く)、水を切らさない事、夏は暑がるので涼しくする工夫をする等・・・寒くなる頃まで葉が残れば丸々と太った良いバルブが出来ている事でしょう。

ティファニー昨年の開花

一年後の鉢です↓ (2014.2.1撮影)
20140201_1197   発泡スチロールの箱に入れて休眠中ですが、もう新芽が動き始めています

|

« C. × cristinae | トップページ | あわちどり・夢チドリのフラスコ出し »

O パラダイス日誌」カテゴリの記事

Q その他の洋蘭」カテゴリの記事

コメント

タイリントキソウをこんなにモリモリのバルブに育て上げるなんてスゴイです!! しかもとても綺麗なセルレア。以前何回か挑戦しましたがバルブが少しずつ小さくなって、そのうちに消滅してしまいます。
やはり夏場はクーラー室栽培ですか?

投稿: 花咲か父さん | 2013年2月 5日 (火) 00時49分

花咲か父さん、おはようございます。
暑さを感じる頃からクーラーの効いた温室に入れておきました、まめに液肥をあげると、もりもりと太ってくれました。

投稿: oziko | 2013年2月 5日 (火) 08時29分

上品な色合いの素敵な花を咲かせるティファニーがこんなに増えてくれると嬉しいですね~
家の黄花のとき草のバルブが幾つもできていますが小さいのは肥料不足か・・植え替えもそろそろしないといけませんね。

投稿: tokko | 2013年2月 5日 (火) 11時20分

tokkoさん、こんにちは。
葉の付け根が太り始めたら毎日のように薄い液肥をあげると良いですよ、この仲間はバルブを太らせないと花が咲きませんね。

投稿: oziko | 2013年2月 5日 (火) 12時17分

この記事へのコメントは終了しました。

« C. × cristinae | トップページ | あわちどり・夢チドリのフラスコ出し »