カテゴリー「H 洋蘭・単茎種」の投稿

2013年4月10日 (水)

ホルコグロッサム・スブリフォリューム

Holcoglossum subulifolium 

 株はなかなか大きくなりませんが、毎年今頃の時期に花を咲かせます。
面白い形の花ですね、花持ちも良くて満開近くまで最初の花が持ちます。
20130410_8177

続きを読む "ホルコグロッサム・スブリフォリューム"

| | コメント (4)

2013年1月22日 (火)

Amesiella monticola(アメシエラ・モンティコラ)

Amesiella monticola 

 今年も大きな花を咲かせてくれました、株に対して大きめの花と長い距、なかなかの迫力です、距の中に密があるらしく、アリが数匹潜り込んで出られなくなっていましたcoldsweats01
0119_7718                 咲き始めです

続きを読む "Amesiella monticola(アメシエラ・モンティコラ)"

| | コメント (2)

2012年7月21日 (土)

ショエノルキス・フラグランス

Schoenorchis fragrans var. seidenfadenii ? (セイデンファーデニー) 

インド東北部、ミャンマー、タイ

 ショエノルキス・フラグランスは小さな単茎種の洋蘭です、コルクに付けた状態で手のひらの乗る大きさです、写真に写っている2号の素焼き鉢は撮影のため使いました。小さな花ですが日が当たると良く香ります。
ラベルには、seidenfadenii Prad と書かれているのですが、何なのかよくわかりません。
0714_7176

続きを読む "ショエノルキス・フラグランス"

| | コメント (4)

2012年2月27日 (月)

Trgl. ロゼア s/a ‘Enami’

Trgl. rosea s/a ‘Enami’

 トリコグロティス・ロゼア開花しました、株が少しずつ大きくなって花も増えてきました、この種を大株にするには時間がかかりますね、大株にして花一杯にしたいのですが・・・ 2月10日撮影
0210_5302

続きを読む "Trgl. ロゼア s/a ‘Enami’"

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

アメシエラ・モンティコラ

Amesiella monticola

 フィリッピン原産のアメシエラ属、モンティコラです。フィリッピネンシスとよく似ていますが、花が大きく距(きょ)が長いので区別できます。
また、唇弁に黄色い色が入る花と入らない白花があります。
0123_5185

続きを読む "アメシエラ・モンティコラ"

| | コメント (6)

2011年6月17日 (金)

Asctm. アンプラシューム 3種

Asctm. ampullaceum 

 アンプラシューム3種が咲いています、f.  album ‘Loph’  ‘Thia Pinky’ と、もう一つは、 var. aurantiacum になります。
0615_3349                Asctm. ampullaceum  f. album ‘Loph’

続きを読む "Asctm. アンプラシューム 3種"

| | コメント (4)

2011年5月15日 (日)

ホルコグロッサム・スブリフォリューム

Holcoglossum subulifolium

ホルコグロッサム・スブリフォリューム、産地はベトナム、海南、中国、標高1000〜1600メートル。ドームで入手して5年目です。
eye ユニークな花型ですよね〜

20110406_1563

続きを読む "ホルコグロッサム・スブリフォリューム"

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

ネオスティリス・ピンキー ' 紅雫 ’

Neost. Pinky  ' 紅雫 ’

Neostylis Pinky = Neof. falcata x Rhy. gigantea (1990) Registerd by Kobayashi

ネオスティリス ピンキーは、日本のフウランとリンコスティリス ギガンティアの交配種です。栽培はフウランと同様で大丈夫ですが、低温にはあまり強くなく12〜15度ほどに保ったほうが良いでしょう、温室内では年間を通じて成長します。紅雫の名の通り、花弁に入る紅色のブロッチとリップの濃い紅が目を引きます。また、フウラン譲りの甘く強い香りがとても魅力的です。
20110209_1393

続きを読む "ネオスティリス・ピンキー ' 紅雫 ’ "

| | コメント (6)

2011年2月 5日 (土)

トリコグロティス・ロゼア セミアルバ ‘エナミ’

Trgl. rosea s/a ‘Enami’

Trichoglottis (Trgl.) トリコグロティスは、あまり聞き慣れない属ですね、
約55種が主にフィリピン、インドネシアなどに自生。
rosea の産地は台湾、単茎で下垂する着生蘭です。
‘Enami’ は、花弁にピンクの斑点がほとんど入らないセミアルバタイプで、開花時にはスッキリとしたやさしい雰囲気がありますね。

20110110_1326

続きを読む "トリコグロティス・ロゼア セミアルバ ‘エナミ’"

| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

ショエノルキス・ジュンシフォリア

Schoenorchis juncifolia

細身のリードが垂れ下がり、所々に薄紫色の花を房状に付けます。
沢山咲くと見事ですが、株の生育がゆっくりで大株になるのには時間がかかりますね。この鉢は2年ほど前に仕立て直しをかねて植え替えた株です。
20110103_1233

続きを読む "ショエノルキス・ジュンシフォリア"

| | コメント (2)